フリードリヒ・フォン・シラーの名言

劇作家、詩人

フリードリヒ・フォン・シラーの名言。全59個。

フリードリヒ・フォン・シラーについて

フリードリヒ・フォン・シラーはドイツの劇作家、詩人。1759年、ドイツ帝国南部の田舎町マールバッハに軍医の子として生まれ、軍人学校で法律と医学を学ぶ。シラーは大学で医学を学びながら戯曲を執筆。1781年、処女作「群盗」を完成させ、翌年の初演が成功に終わる。1782年、軍医としてシュトゥットガルトで勤務していたシラーだが、軍医としての生活を捨て、シュトゥットガルトから遁走。ドイツ各地を転々としながら次々に戯曲、詩、歴史書などを執筆。シラーの作家としての名声は高まっていき、ドイツの詩人ゲーテと交流を持つようになった。。1789年からはゲーテの推挙でイエナ大学で歴史を教える。1799年からはワイマールに移り、1805年に死去した。代表作に戯曲「たくらみと恋」、「ドン・カルロス」、「オルレアンの少女」、「ヴァレンシュタイン三部作」などがある。