1990年から3年間はいわゆる「Cカー」と言われるレーシングカーの開発をやったけれど、ここでもスペックは追わなかった。モータースポーツ全盛の時期でサーキットは超満員だったから、お客さんの喜ぶクルマを作ろうと思った。なぜか?車好きのお客さんが注目する「レースの見どころ」って、そこでクルマの性能が問われるから見どころになっているんだという確信があったんだよ。それで客目線でレースを見ていれば、レースは直線よりもコーナーで競うものなんだとはすぐわかった。アクセル全開にできるところなんてコース全体の一割もないんだから、900馬力のマシンを650馬力にした。そのほうがドライバーがいつ踏んでも反応するエンジンになり、燃費もよくなり、壊れにくくなる。

水野和敏

  • Twitter 36 br
  • Facebook 24 br
  • Hatena 24 br

水野和敏のその他の名言

水野和敏と名言が類似する人物