渡辺淳一の名言

小説家、医師

渡辺淳一の名言。全66個。

渡辺淳一と名言が類似する人物

渡辺淳一について

渡辺淳一は北海道出身の小説家。「失楽園」、「愛の流刑地」など不倫愛を描いた作品で知られる。医師免許も持つ。1933年(昭和8年)北海道上砂川町生まれ。札幌医科大学を卒業して医師免許を取得。同大学で整形外科教室の講師を務めた。一方で同人誌に小説の投稿を行い、37歳の時に大学を辞めて執筆活動に専念。「光と影」で直木賞を受章した。初期の渡辺淳一の小説は自らの専門である医療系の小説が中心であったが、徐々に伝記ものや恋愛をテーマにした作品にも対象を広げていった。中でも「化身」、「失楽園」、「愛の流刑地」といった恋愛小説が人気となり、さらにテレビドラマ化や映画化されて大胆なベッドシーンで話題となった。2014年死去。享年80歳。